ニュース , 印刷労連からの情報

2018.03.062018春季生活闘争 政策・制度 要求実現3.5中央集会

   3月5日(月) 後楽園ホールにおいて、連合2018春季生活闘争 政策・制度 要求実現3.5中央集会が開催され、約1200人が集結、印刷労連からは14名が参加しました。冒頭、連合会長・神津中央闘争委員長より、春季生活闘争は全ての働く者のためのものであり、今春闘においては昨年の実績を更に深掘りしていきたい。本集会の熱気を世の中にしっかりと打出し、働く者こそが主役の日本社会を作っていこうと熱い決意表明がありました。次に共闘連絡会議代表者からの決意表明、重点政策実現に向けた決意表明、すべての労働者の立場にたった「働き方改革」実現に向けた決意表明と続き、アピールを確認しました。最後はがんばろう三唱で締めくくり、2018春季生活闘争は最初のヤマ場を迎えるが、私たち印刷労連も最後の最後まで闘うことを誓いました。

前のページへ戻る